Webニュースで見る乳がん話題



カテゴリ:未分類( 66 )


乳がんに対する放射線治療受けた喫煙者、肺がん発症リスクが3倍に(NikkeiBP)

 2005/11/01の記事
 相乗効果によるものと言うことなのか。ともかく、喫煙にも要注意と言うことだ。
[PR]
by bcwebnews | 2005-11-02 11:37

乳がん診断時に骨髄微小転移が検出されると予後不良、欧米の研究(MedWeve)

 2005.8.30の記事

 なんとなく、素人考えでは当たり前の結果のようにも思える。このことの意味は、記事の最後にある『骨髄微小転移は、有意な予後予測因子であり、転移の有無は、治療方針決定の指標として有用であることが示唆された。』ということにあるのだろう。
[PR]
by bcwebnews | 2005-08-31 05:30

株式会社診療所が誕生へ 特区認定、7月にも内定見込み(朝日)

 2005年06月29日11時01分の記事

 記事によれば、『バイオ分野のベンチャー企業「バイオマスター」(桑名隆滋社長)。皮膚再生技術を活用した美容整形分野の専門診療所で、乳がんによる乳房除去後の再生や、顔面陥没の復元治療などを手がける予定。06年中の開業を目指している。』とある。

 勿論、健康保険などは使えない。
[PR]
by bcwebnews | 2005-06-30 13:13

日大工学部開発「乳がんチェッカー」/年内にも一般販売/早期発見に効果(福島民報)

 2005年06月24日の記事

 超音波診断装置(エコー)の乳がんに特化したものを更に小型化したものらしく、100グラム程度で充電式。2~3万を予定しているという。
 記事によれば、精度もそれなりにあるようで、女性の数かある程度いるところでは、みんなで買えば颯太買い物にはならないような金額。医者に以降かどうか逡巡している人たちにとっても朗報だろう。
[PR]
by bcwebnews | 2005-06-25 13:04

乳がん転移・再発例の症例調査、半数近くが「ガイドライン守らず」(NikkeiBP)

 2005/06/16の記事

 この中身は有料サイトで、一般医は読めない。
 そのうち、第13回乳癌学会の中身がウエブ公開されるのを待つしかないが、ここで言う、ガイドラインとは、乳房温存療法ガイドラインのことだと思われる。
[PR]
by bcwebnews | 2005-06-17 20:12

乳がん検診・質か人数か、読影医の基準めぐり迷走(朝日)

 2005年05月30日06時06分の記事

 どこの世界でも、制度が出来ると(この場合は乳がん検診に大幅にマンモグラフィー検査が導入されるとの意味)その時には基準が甘くなるものだ。読影の専門医についても同じことが言えるのだろう。
 以前、この読影部分にもコンピュータを使うというようなニュースがあったと思うが、優秀な医者の作業効率を上げる方法も必要だろう。
[PR]
by bcwebnews | 2005-05-31 16:26

適度な運動で死亡の危険減 乳がん患者、発病後でも(徳島新聞)

 05月25日の記事

 運動するということが、体の機能という面だけではなく、精神的な部分にも好影響(%には関与しないと思うが)を与えることだろう。
[PR]
by bcwebnews | 2005-05-28 07:58

病院がわかる:第3部・「患者様」の時代/6 病院ボランティア(毎日)

2005年5月9日の。記事

 鹿児島市の相良病院での乳がん経験者のボランティア活動の記事。
 同じ病気のものの言葉は重い。
[PR]
by bcwebnews | 2005-05-11 05:48

乳房温存療法に初のガイドライン 厚労省研究班(朝日)

 5月1日の記事

 まだ5月1日の時点では朝日しか報じていない。
 『新指針をまとめた霞富士雄・癌研有明病院乳腺科部長は「実際に温存療法の適応となるのは60%台だろう。指針は強制ではないが、科学的根拠に基づいた診療をして欲しい」』と報じているが、気になる内容の発言だ。
 60%台と言うことは70%以下と言うことなのだろうし、科学的根拠に基づかない診断が暗にあると言うことなのか?
[PR]
by bcwebnews | 2005-05-02 05:26

乳がん・子宮がん検診 本年度から隔年に 太地町は毎年実施(紀伊民報)

2005年4月16日付掲載記事

 冒頭部分をそのまま引用させていただく。
 市町村が実施する乳がん検診と子宮がん検診について厚生労働省は、これまで年1回だったものを2005年度から2年に1回にするよう通達(がん検診実施のための指針)した。これを受けて県内では、ほとんどの自治体が対象者を2つに分けて隔年に実施するが、これまで通り毎年実施するところもある。厳しい財政事情から、集団検診料を値上げしたり、有料化する動きも相次いでいる。紀南では、来年度以降も毎年実施したり、無料で検診する自治体は少数派になった。

 98年以降、検診義務は市区町村の仕事になった。国は指針を出して都道府県は指導をするというような形式になって現在に至っている。教育もそうだが、自治体能力で自由裁量にすべきとkろは何か、そうではなく基本的に日本全国一律の行政サービスが受けられるべきは何かが、振り返られない「三位一体改革」は何れ再検討される時代が来るだろう。
[PR]
by bcwebnews | 2005-04-23 06:17


Web上のニュースサイトで検索できた乳がん話題を集めてみました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31